業務内容のご案内

建物設備管理(ビル・マネジメント BM)

Building Management

全ての建物には主要な設備(エレベーター、消防設備、受水槽等々)が存在し、良好な状態を保つためにも定期的な点検、また法令で定められた検査を受ける必要があり、これは法令順守(コンプライアンス)の立場からも非常に重要です。弊社では管理受託を頂いているお客様に代わり信頼できる各専門業者を選択し、かかるコストの管理をさせて頂いております。

 

キャッシュフロー改善のためにも設備管理費(BMフィー)の見直しは重要です

 

見直しによりコストが軽減された場合でも、それは作業項目の省略であったり、質の低下を容認したものではありません。本来削減できるはずのコスト管理をしていなかったにすぎず、エムズ・ウエストはその作業のお手伝いをさせて頂きます。

また削減された費用は本来の必要な経費に割り当てられたり、長期修繕費用に積立てられることとなります。該当する設備点検・検査は、建物の構造規模、仕様により異なりますが、以下のような項目がございます。

 

■エレベーター保守点検 <建築基準法第8条、第12条>

■消防用設備機能点検 <消防法第17条 消防法施工規則第31条>

■貯水槽、汚水槽の清掃点検 <ビル管理法施工規則第4条>

 ■水質検査、簡易専用水道検査 <水道法第34条、水道法施工規則第23条> 

■特殊建築物、建築設備定期調査報告 <建築基準法第12条> 

■機械警備 (防犯、消防用非常通報、貯水槽の満水警報等) 他

 

お客様の保有不動産に合わせ、最も適切で合理的なご提案をさせて頂きます。